写真:インディバ施術

インディバ

INDIBA

免疫力を高め健康的に、
体の芯から美しく

写真:インディバの施術

インディバボディは、深部加温により脂肪を燃焼を促し、ボディラインをすっきりさせるだけでなく、冷え性、肩こり、むくみ、凸凹肌などを緩和する方向へと導きます。そのほか、脂肪吸引後のアフターケアを目的にご利用いただくお客様が最近では増えてきました。

また、インディバでおすすめなのがインディバフェイシャルです。インディバで顔の深層筋肉を深部加温して、エイジングケア、お肌のキメを整えます。顔筋のコリをほぐすことによって、ほほやあごのたるみを刺激し、小顔効果、リフトアップにも効果が期待できます。

インディバで10年前のフェイスライン、ボディラインを取り戻してみませんか?

PRICE

 通常トライアル
インディバオーダーメイド
90分¥13,500¥10,000
120分¥18,000¥13,000
150分¥21,500¥16,000
180分¥27,000リピーター限定
インディバフェイシャル
60分¥11,000¥8,800
インディバボディ
60分¥10,000¥8,000
  • 価格は税込価格です。
  • カウンセリングシートのご記入(初回のみ)、 お着替え、ドリンクサービスの時間は含んでおりません。

トライアル

アロマヒーリングと姉妹店エスペランサの各店舗で1回ずつ、インディバをトライアル価格でご利用可能です。

  • 他のキャンペーンとの併用はできません。

インディバへのこだわり

200ワットの最上位機種「ER45」もしくは「ER200」で施術します

すべてのお客様に最上位機種「ER45」もしくは「ER200」で施術いたします。最上位機種ER45・ER200は、ER42やER100と比べ、RESモードの最大出力が100Wまたは200Wになり、温まりが早くなっております。発汗作用、インディバの温熱効果効果も高くなり、従来の機種とは違う仕上がりであることは見逃せません。

スーパーバイザーの指導のもと、技術向上に努めています

インディバはマシンの性能だけではなく、施術者の技量によっても大きく結果に差が出る施術です。アロマヒーリングおよび姉妹店エスペランサは、インディバ研究会会員で常に技術の向上に努めています。また、インディバ社開催の既定の研修だけでなく、当店では、日本国内でも数名しかいないインディバ社公認資格「スーパーバイザー」関根による研修を定期的に行っております。

インディバ社販売の正規クリームを使用します

正規のインディバ専用通電クリームは、 あらゆるトリートメントの場面で使用できるように研究を重ねてつくられた通電性、安全性の高い最高レベルのものです。触時の電気的抵抗を最小限にしてホットスポットを抑え、体内への高周波エネルギーを透過しやすくしたり、エレクトロードの移動を容易にしたり、目的とする深部加温には必要不可欠なものです。

インディバの施術について

インディバをメインにしたコースでは、お客様のご要望をもとに、ボディ・フェイシャルなど重点的に行う施術部位を決めます。

インディバの施術をより高めるために、インディバ施術後にリンパマッサージを行いますが、お客様のご希望に応じでリンパマッサージの時間を調整いたします。

インディバの施術時間と施術部位の目安

60分:ボディの一部位、フェイシャルのどちらかになります。

90分以上はオーダーメードとなります。セラピストと施術箇所をご相談ください。
90分の施術箇所例:お顔と上半身
120分の施術箇所例:お顔以外のお体全身
150分の施術箇所例:お顔を含むお体全身
※ リピーターのお客様には180分(27,000円)のメニューもございます。

インディバの禁忌事項

インディバについて
もっと詳しく知りたい方へ

インディバとは

インディバは0.448Mhz(高周波/中波)を使用しています。異なる2極の電極で体をはさみ一定の高周波を体内に通電させることで、組織内に内部電解が生じ分子(イオン)の移動により摩擦運動がおきるため、ジュール熱を発せさせます。

つまり、体の内部から熱を作ります。体表面からの熱の伝達を運搬(熱源が体の外にあるもの)とは違い、血液・リンパ液の循環を促進し、組織の代謝を活発にして自律神経系や免疫機能のバランスを整えます。

スペイン インディバ社のカルベット博士が開発した電気メス(高周波)と同レベルの周波数(中波)と機能を応用して完成させた高周波温熱機器です。

RES(レス)モード、CAP(キャパ)モードってなに?

インディバには目的により2つのモードがあります。

RES(レス)モード

深部をじっくりと温めます。

CAP(キャパ)モード

皮膚・浅い組織に働きかけます。

美容整形クリニック、エステサロンの美容目的だけではなく、スポーツ界でも使用されているインディバ

スポーツ界では、インディバは一昔前まではテカール、今現在はインディバアクティブと呼ばれていて、故障の予防、けがの早期回復、運動機能向上、リハビリテーション等を目的に使用され、高い評価を得ています。

特にインディバはもともとスペインで開発されたということもあり、ヨーロッパのスポーツ界ではかなりの実績があります。サッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンなどの一流クラブや日本でも、サッカー日本代表、なでしこジャパン、横浜Fマリノス、ジュビロ磐田、東京ヴェルディで導入されています。

プロ野球界では読売ジャイアンツ、阪神タイガース、楽天イーグルス、テニス界ではラファ・ナダル選手が手の負傷の早期回復目的のために使用しました。そのほか、バレーボールVリーグ、ラグビートップリーグ、競輪選手などあらゆる競技の一流選手から愛用されています。

以下参考までに、インディバ・ジャパンがプレスリリースしたインディバとスポーツ界に関する記事になります。
トップアスリートの評価が最高の証人

「温める」ことの重要性

体熱は人間に不可欠なものです。冷えは病気を治しませんが、冷えを防ぎ体を温めると病気に対して抵抗力が向上します。痛みの鎮静のために冷やす事もありますが、その部位を「麻痺」させているだけです。冷やすことによって痛みは軽減しますが、治すことはできません。治すには温熱の作用が必要になるのです。

冷えからくる病気は多々あります。健康な人の体温は36.5%です。この体温が1度下がるだけでも、基礎代謝が12%低下、免疫力も30%低下してしまいます。また体温が36度より少し下がるだけでも多くの病気の発生率が上がります。体温が下がることは、アトピーやその他の皮膚疾患、生理不順や性疾患、肥満症、内臓脂肪症候群、消化器・循環器系疾患など数えきれないほどの病気の元凶なのです。

人間から温熱を取り除いたら必ず死に至るのです。従って、代謝による温熱の発生や温熱保持ができるケアは年齢に関係なく必要となります。

ヒトの熱調節機能

内温性動物であるヒトは、生体の熱調節機能が働きます。体内熱を大きく分けると、以下の3つに分けられます。

熱は血流による運搬や細胞間の伝達により皮膚からの放散、呼吸や汗で消失していきます。
気温の高低差にも影響されますが、これは人体に体温調整機能があるからです。

体外熱源と体内熱源の違い

さて、「温熱療法」といいますと、まずは、温泉やサウナを思い出しませんか?過去に「この温泉は体の芯まで温まる、いいお湯だなぁ!」と、ご自身が感じたこともあるでしょう。それは「温泉の温度が体の中にしみ込んできた」と、本当にご自身が感じたからです。

そこで、「インディバCRet System(以下インディバと記載)」による温熱の熱源と温泉の熱源についてご説明致しましょう。

温泉の熱源は体の外(温泉の温度)だということはお分かりだと思います。対して「インディバ」の熱源は、実は、そのほとんどが体の中で発生しているものなのです。とはいっても実感がなければピンとこないかもしれませんね。

そこで、お聞きします。あなたの平均体温は春夏秋冬を通じて同じですか?冬と夏の気温は25度以上の差があり、寒い冬は体温も低下し、暑い夏は体温が上昇してもおかしくありません。しかし、平均体温は変わらないのです。なぜでしょうか?

実は、人体は、体外の温度差の影響(体温調節機能が働く)は受けますが、体外にある熱を体の中には浸透させない強い抵抗があります。もし体外の熱が浸透してしまえば、95度前後という高温のサウナは明らかに危険な温熱療法ではないでしょうか。

今まで皆様がご存知だった温熱療法(温泉、サウナ、岩盤浴など等)の熱源は全て体の外にあります。皆様が感じる「体の芯まで温まる」は、温泉のお湯の温度が体の中にしみ込んできたのではありません。それは「錯覚」だったのです。

皮膚表面近くにある毛細血管が体外の熱を吸収し、温かくなった血液が血管に運搬され、数十分もすると体全体の血液が温まり、組織に温度を伝達していくのです。それが「芯まで温まる」と勘違いされていたのです。

インディバのイラスト

しかし、それらの熱は20~30分で体外に放散されてしまいます。温泉の温度もさまざまですが、だいたい40~43度です。気持ち良い、ほどほどの温度ですから、サウナのように皮表に急激に厚さを感じるのと異なり、ゆっくり温まる感じの方が強いのです。

したがって、温泉では「芯まで温まる」と言いますが、サウナでは汗を短時間にびっしょりかいて「サッパリした」「気持ちよかった」とは聞くものの、「芯まで温まる」という感想はほとんど聞きません。

もう一つの例を説明いたしましょう。赤道直下の熱帯(気温35度~40度)に住む人達と北極(零下20度?30度)に住むエスキモーの体温は同じだと思いますか?

気温差はなんと60度以上もあるにも関わらず、実は、両者とも体温は同じなのです。よって[芯まで温まる]理論は当てはまりません。

インディバのイラスト
インディバのイラスト

次に「インディバ」の熱源について説明しましょう。

「インディバ」の熱源は体内で発生するもので、その熱は「ジュール熱」と呼ばれます。「インディバ」機器から透過される高周波エネルギーが、細胞組織それぞれに「ジュール熱」を安全レベルで発生させることで、代謝が大幅に促進します。

ジュール熱とは

体内で発生する「ジュール熱」について少々説明します。

「ジュール熱」とは、簡潔に説明すると高周波電流(電磁波エネルギー)が細胞の分子を移動させて生じる「摩擦熱」(生体熱)とも呼ばれる熱で、細胞の抵抗値や吸収率によって熱の発生が異なります。肩こり時などによく使用する電気的なピリピリを感じる小さな機械をご存知ですね。低周波を使った機器です。「低周波」は人体にあのような「刺激作用」が生じますが、「高周波」は人体に「温熱作用」が生じる特徴を持っています。

インディバのイラスト

「インディバ」はよく、家庭で使用している「電子レンジ」と比較されますが、まったく異なる高周波を使用しています。同じように熱が発生しますが、電子レンジは何と約2000メガヘルツ(1秒間に20億の波)の高周波を使用しています。これくらい超高周波(マイクロ波)の周波数帯になると、どのような物体にもエネルギーを集中させることができるので、強い熱が生じます。

それに比べて、インディバが使用している周波数は「1」にも達しないたった0.44メガヘルツ(1秒間に44万の波)の高周波を使用しており、1本が人間の背丈よりも長い波なのです。この高周波で生じるジュール熱により体内組織の温度を一時的に1~7度上昇させることが可能です。

つまり自身の身体の中から温度を上昇させることになり、これが「インディバCRetSystem」独自の「深部加温」なのです。手術などにより体内に金属プレートやボルトを取り付けられている、または、いかなる細胞以外の異物が体内にあっても、それらに熱は生じません。「CRetSystem」による「ジュール熱」は、生きた細胞でしか熱が発生しないのが特徴です。

「インディバ」だからできること

ユニークなインディバ・トリートメント

「インディバ」は現在、日本において美容・医療・スポーツ分野で主に使用されており、幅広い用途があります。「インディバ」のトリートメントは、外面上のトラブルのケアだけではなく、根本的な内面のケアが可能な機能が備えられています。しっかりした代謝を可能にした上で体温保持しなくては、お好みの「美」を手に入れることも、「トラブル」の改善も期待できません。

少子高齢化も重要な社会問題となっており、今後ますます重要視すべき「予防」をもターゲットにする、「インディバ」に期待してください。お元気な老人社会=「生活の質」(QOL)の向上=重要な消費者。「健やかに美しく」はもう夢ではありません。それを確実に実現させる次世代機器が「インディバ」なのです。

「仕立てのエステ」(Tailored Esthetic)

美容の悩みの原因は、人それぞれ異なります。したがって施術法は、その人にあったTailored Aesthetic(仕立てのエステ)、Tailored Medicine(仕立ての医療)が必要です。「インディバ」を導入しているメディカルエステやエステサロン、スポーツ・セラピー「INDIBA activ」のスタッフに相談し、貴方だけの「インディバ」の施術プランを考えてもらいましょう。

予防美容

予防美容の重要性をご存知ですか?

高齢化社会に突入した日本は、世界の近代国家には稀な少子化という問題も抱え、少子齢化は日本の重大な社会問題となってきています。このような状況下で「予防美容」が注目されてきているように、美容分野においても、近年、エイジングケアや若返り療法が重要視されるようになり、「生活の質」(QOL)の向上を目指しています。

「若返り」や「抗老化」の具体的対応策として、自然治癒力・抵抗力の向上を兼ねた、次世代に欠かせない「予防美容」のケア法が多くの専門分野で研究されています。更年期にあたる30歳代後半から40歳代のさまざまな障害を、いかに軽くスムーズにパスするかが第一ステップです。そのためには、内分泌系や自律神経のバランスの調整、免疫力を高め、自己の治癒力・抵抗力をつける事が重要であり、適切なサプリメントや予防医療の選択をお薦めしますが、その基本が「正常な体温」なのです。

社会・生活環境の悪化が秒刻みで進んでいる今、ストレスも多く抱え込むことになり、これが病気・美容トラブルの原因になることは明らかです。「予防」を一層心がけましょう。